スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相、公約修正に前向き 連合の見直し要望受け(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は5日、首相官邸で民主党最大の支持団体である日本労働組合総連合会(連合)の古賀伸明会長と「政府・連合トップ会談」を行った。古賀氏は昨年の衆院選の民主党マニフェスト(政権公約)を修正するよう要請。首相は同日夜、記者団に対して、「修正も含めて大胆にやることもいいのではないかという古賀氏の指摘はありがたい」と述べ、修正に前向きな姿勢を示した。

 会談で古賀氏は、「経済情勢が大きく変化し、政権を担当して初めて知った課題もたくさんあると思う。(マニフェストは)大胆に見直すところは見直していくべきだ」と指摘した。

 同席した菅直人副総理・財務相は「財源の問題もある。今、(政府・民主党による)検討委員会で見直しも含めて議論が始められている」と語った。

<財政健全化法案>責任政党が「本家」争い(毎日新聞)
警視庁科学捜査研究所でガラスが破裂 (産経新聞)
足利事件 栃木県警が会見「改めておわび」(毎日新聞)
シー・シェパード元船長、ビデオで傷害裏付け(読売新聞)
光に浮かぶしだれ桜、東京・六義園でライトアップ(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。