スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員裁判 長女殺害の元団体役員に懲役7年(産経新聞)

 家庭内で暴力を振るう広汎性発達障害の長女(20)の首を絞めて殺害したとして、殺人罪に問われた元団体役員、菅野一夫被告(56)の裁判員裁判の判決公判が29日、奈良地裁で開かれた。石川恭司裁判長は「とっさの激情にかられた犯行で、実の父親に命を奪われる結果は重大」として、懲役7年(求刑懲役10年)を言い渡した。

 弁護側は「首を絞めた認識はなかった」として傷害致死罪の適用を求め、殺意の有無が争点となった。

 石川裁判長は、県警の当初の取り調べに殺意を認めた菅野被告の供述について、「被告しか知り得ない内容がある」と信用性を認定。弁護側の主張を退け、「『このままでは家族全員が不幸になる』と殺意を持って首を絞めた」とした。

 判決によると、菅野被告は昨年7月30日、自宅で長女の首を両手で絞め、窒息死させた。

【関連記事】
2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「わが子をゴミ扱いした」
首つり自殺…一転、保険金殺人 宮城県警に恩を売った男の決死の覚悟とは
「800万円の定期預金崩したくない」と一万円札を偽造男に猶予刑
裁判員裁判 被害者の複雑な心境、目の当たりに 和歌山
裁判員裁判は損? 勾留が長期化、1年で判決25%

LOVE PSYCHEDELICO全国ツアーにSHIBUYA-AX公演追加
強盗容疑で44歳男を逮捕=信金から300万円強奪-福井県警(時事通信)
枝野氏、小林氏説明、納得できない=菅氏「党で対応検討も」(時事通信)
<囲碁>中部総本部を閉鎖 所属棋士5人が引退(毎日新聞)
信号無視の車追跡、パトカーが衝突事故…3人けが(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。